相続税報酬事例

当事務所で行った相続税申告の報酬事例は以下のとおりです。 

報酬は相続財産総額、不動産の評価件数、預貯金の移動状況、株式の評価件数、その他複雑になる事情等を総合的に勘案し、決定しています。

事例1

相談概要

相続が発生したが、相続税の申告が必要となるかわからないため試算して欲しい。また、遺産分割を行うために財産評価をして遺産分割のアドバイスをして欲しい。

相続財産総額約7千万円
土地の所有数3区画
相続人数4人
株式・出資金の銘柄数1銘柄

サービス内容

大まかな財産評価を行い相続税を試算した結果、相続税は発生しないことが確認できました。そのため、財産一覧表及び遺産分割協議のための資料作成を行い、遺産分割アドバイスをさせて頂きました。

  • 準確定申告書の作成・提出
  • 相続財産の評価
  • 財産一覧表及び遺産分割協議のための資料作成


 当事務所の報酬  300,000円

事例2

相談概要

突然の相続で預金や不動産以外に多額の生命保険金や退職金を受け取ることになった。相続税が発生すると聞いたので申告をお願いしたい。

また、いつまでにどのような手続きをすればよいかわからないので教えてほしい。

相続財産総額約8千万円
土地の所有数1区画
相続人数1人
株式・出資金の銘柄数1銘柄

サービス内容

財産評価を行い相続税を計算したところ相続税が発生することが確認できましたので、小規模宅地等の各種減額特例を適用し、最も有利となる方法で申告を行いました。

また、相続税の申告や納付のスケジュール、その後の不動産や銀行口座等の名義変更手続等についてもアドバイスをさせて頂きました。

  • 準確定申告書の作成・提出
  • 相続財産の評価
  • 相続税申告書の作成・提出


 当事務所の報酬  700,000円

事例3

相談概要

相続が発生し相続税の申告が必要となるため、申告をお願いしたい。

相続人間で揉めずに遺産分割を行うためのアドバイスをして欲しい。

相続財産総額約2億4千万円
土地の所有数7区画
相続人数4人
株式・出資金の銘柄数4銘柄

サービス内容

小規模宅地等の各種減額特例を適用し、最も有利となる方法で申告を行いました。

不動産の所有割合が多いため、相続人間で円滑に遺産分割を行うためのアドバイスをさせて頂きました。

なお、預金の動きを検討したところ過年度に贈与が発生していましたので、過年度の贈与税申告も同時に行いました。

  • 贈与税の申告書(過年度分)の作成・提出
  • 相続財産の評価
  • 相続税申告書の作成・提出
  • 遺産分割協議のための資料作成


 当事務所の報酬  1,300,000円

事例4

相談概要

多数の不動産を所有しており相続税の申告が必要となるため、申告書の作成をお願いしたい。

相続財産の多くが不動産であり相続税を納付できるのか心配なので、納税資金のアドバイスをして欲しい。

相続財産総額約3億円
土地の所有数15区画
相続人数4人
株式・出資金の銘柄数8銘柄

サービス内容

相続財産の大部分が不動産であり納税資金に余裕がありませんでしたので、農地の相続税額の納税猶予制度や配偶者の税額軽減の特例等を利用して大幅な相続税額軽減を行いました。

  • 準確定申告書の作成・提出
  • 贈与税申告書の作成・提出
  • 相続財産の評価
  • 相続税申告書の作成・提出
  • 遺産分割協議のための資料作成
  • 農地等の相続税の納税猶予申請手続


 当事務所の報酬  1,500,000円

日刊ほくと

2017年11月28日(火)

来年度の税制改正案が議論されています。

富裕層は増税、低所得者層は減税、という流れが一層強化されそうですね。

2017年11月20日(月)

ラグビー日本代表のフランス戦は23対23の引き分け。

善戦をよろこぶ気持ちはまったく湧いてこない。勝てる試合を勝ち切れなかった悔しさばかりです。

2017年11月18日(土)

今週から早くも忘年会行脚に突入。

身体をいたわりつつ、楽しみます!